諏訪梅林 (スワバイリン)

四季の花の中ゆっくりと過ごせる公園です

江戸時代末期、当地にあった水戸藩所有の『梅の木御林』がはじまりとされています。明治時代以降は国有となり、梅の名勝地『諏訪梅林』として保存されてきたましが、明治40年に旧鮎川村が払い下げを受け、今日に至っています。
現在は鮎川沿いに県道日立常陸太田線をはさんで南北に分かれ、早春の梅、春の桜、夏の川遊び等、四季を通じて数多くの市民が訪れる憩いの場となっています。

エリア 県北 >日立市
ジャンル 遊ぶ  >公園・キャンプ場  >公園
遊ぶ  >歴史・文化施設  >名所・旧跡
評価
3.7 3.73

【長塚節歌碑】~雪降りて寒くはあれど梅の花 散らまく惜しみ 出でて来にけり~

お店の特長

駐車場あり 水遊び ベンチ・休憩スペース ピクニック

住所 〒316-0001
茨城県日立市諏訪町3-14
地図を見る
アクセス 常磐自動車道「日立中央IC」から、水戸方面へ25分
電話番号 0294-22-3111 (ご連絡は、日立市都市建設部都市整備課へ)
営業時間
定休日  
駐車スペース 35台
ホームページ

お得なクーポン

現在、クーポンは登録されておりません。

ひとことメッセージ!

天保3年(西暦1832年)、水戸藩第九代藩主徳川斉昭(烈公)が、この地に梅の木を数百本株植栽し『梅の木御林』を造営しておりに、烈公自ら手植えを行ったと伝えられています。本来の株は枯れてしまったため、現在のものは二代目です。

ピックアップ情報

『梅の木御林』

『梅の木御林』

烈公自ら手植えをし、なんと梅の木が数百本株植栽されている。

北園遊歩道

北園遊歩道

花見の風景①
ウメの本数282本
(主に白梅)

南園遊歩道

南園遊歩道

花見の風景②
見ごろ:3月初旬から下旬
実のなる時期:6月

鮎川のせせらぎと親水護岸

鮎川のせせらぎと親水護岸

【花ごよみ】
3月 ウメ
4月 サクラ
5月 ヤマツツジ
8月 キツネノカミソリ
9月 ヒガンバナ

※消費税総額表示の義務化に伴い、当サイト内に記載している価格も総額(税込)表示をおこなうように随時切替え・更新をしております。そのため、切替え期間中は「税抜価格」表記と「税込価格」表記が混在する可能性がございます。ご利用の際は予め店舗様へのご確認をおすすめいたします。

ログイン

ゲストさん こんにちは
ログイン 新規会員登録
※消費税総額表示の義務化に伴い、当サイト内に記載している価格も総額(税込)表示をおこなうように随時切替え・更新をしております。そのため、切替え期間中は「税抜価格」表記と「税込価格」表記が混在する可能性がございます。ご利用の際は予め店舗様へのご確認をおすすめいたします。

ご掲載中の店舗様へ

どこでもいばナビ

いばナビ!ケータイ版QRコード

掲載ご希望の店舗様へ

かえっぺのLINEスタンプ